« 全国大会の想い出・S61卒菅原圭也 | トップページ | インターハイに出場して・S55年卒神原勇人 »

2006年3月20日 (月)

全国大会の思い出・S59年卒平出善男

私にとって「全国大会」という言葉は大変に大きな目標であり,夢でした。そして全国大会に出場することは憧れていた先輩方を越えることであり、鎌高サッカー部にとって新しい歴史を作ることでもありました。名古屋で行われたインターハイでは自分たちのどこにそんな力があったのかと思うほどの試合で3回戦まで進出しました。選手権大会では出場を決めてから1回戦で敗退するまで取材・抽選会・国立競技場での開会式・大声援などすべてが夢の中のようでした。あれから10年もの月日が過ぎ、Jリーグなどでサッカーの位置付けも少しづつ変わってきた現在ですが、私にとって「全国大会」という言葉は今でも特別な響きを持った特別なものであるように思います。

|

« 全国大会の想い出・S61卒菅原圭也 | トップページ | インターハイに出場して・S55年卒神原勇人 »

創部40周年記念誌より」カテゴリの記事