« 鎌高を目指す中学生に! | トップページ | 夏のOB会開催 »

2014年8月16日 (土)

フロンターレvsセレッソ

衛星中継でJ1リーグ 川崎vsセレッソの試合をみたけど、点の取り合い。ボールポゼッションからサイドをえぐりゴール前で勝負させる。点を取るパターンは良いのだけれど、逆に言えばカウンターに対する守備のもろさ!マークはついているけれどやられてしまう。まるでW-Cupでの失点場面を見ているようだ。サッカーは点の取り合いだからシュートシーンが多くなることは歓迎する。しかし、マークすべき人がいるのに簡単に失点してしまうのは問題である。
これが、日本の課題である。体を張った寄せが甘い。出足が一歩遅れている。→ボールばかり見て背後・鼻っ面を簡単に取られている。もっと厳しくいこうぜ!コースに入って体で止めようよ!  まずはJリーグでその見本となるプレーを全国の若者に見せて欲しと思います! サッカーは格闘技なんです。

|

« 鎌高を目指す中学生に! | トップページ | 夏のOB会開催 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/501489/60162039

この記事へのトラックバック一覧です: フロンターレvsセレッソ:

« 鎌高を目指す中学生に! | トップページ | 夏のOB会開催 »