« 引き分け | トップページ | 寄せ書き »

2012年7月12日 (木)

もうだめ?まだまだ!

大滝麻未(平成20年卒)がなでしこのサポートメンバーに選ばれたことはご案内の通りです。ちょっと話題としては遅くなってしまいましたが、そのあたりで思ったことを少しばかり。
 監督は彼女がなでしこ合宿に呼ばれる前から、「まだまだだな」と言ってました。3年間、ずっと見てきたし、早稲田の後輩でもあるし、大滝さんをもっともよく知るコーチの一人であろうと思います。「まだまだ」。厳しい言葉ですよね。
 今となってはなるほどと思いますが、当時、新聞などでは「期待の大型FW」、「なでしこの大型新人」とか、リヨンでの活躍やユニバーシアード得点王という実績もあって、なんだかすごい持ち上げようでした。
 しかし、例のスエーデン戦でのデビューでの後は、(私が読んだ新聞では)、「もうだめ」「期待はずれ」と手厳しいこと。得点シーンで後方から入ったボールを右にすばやく展開し(流れるような素早さでした。男子代表を含めて久しぶりに見たきれいなポストプレーだと思いました。身びいきかも知れませんけど)、永里選手の得点につなげていました。
 永里(大儀見)さんがゴールを量産していたので、今回の18人の枠に入るのは難しいとは思いましたが、デビュー戦でのこの働きは、よかったですよねえ?だめでしたか?単なる身びいきでしょうか。
 すくなくとも「もうだめ」って書き方で表現されるようなパフォーマンスではなかったと私は信じています。まあ、もちろん、「もう」というのはロンドンには間に合わないという意味でしょうけどね。
 でも、うちの監督は「まだまだ」と言います。このマダマダ!は「もっと伸びるよ、がんばれよ、麻未」という意味だと思います。真のエースとなって、次のワールドカップ、五輪で活躍して貰いたい。そんな意味かなって思ってますけどね。
 佐々木監督も「もうだめ」ではなく、サポートメンバーとして呼んでくれました。「もうだめ」ではなく「まだまだ、次!」ってことでしょう。男子ですが、香川選手が前のワールドカップ(南アフリカ)で、サポートでしたよね。

|

« 引き分け | トップページ | 寄せ書き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 引き分け | トップページ | 寄せ書き »