« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月31日 (火)

合宿風景5

合宿風景5
晩飯です!

ってことです。今回は食事中ですね。

テレビは柔道かな。みんな、サッカーは見たんですかね。メキシコ以来の快挙、とか言ってますが、現役の子たちにとってはメキシコ五輪なんて「歴史」上の話でしょう。

Jリーグの開幕(93年)ですら、生まれてないんですよね。
昭和は遠くなりにけり、ですか。

(いや、Jは平成でした)

| | コメント (0)

合宿風景4

合宿風景4
今日のお昼です。


今日は食べる前に写真を撮ってくれたみたいです(笑)。


厳しい練習のあと、お腹もすいているだろうに、「写メを送れ」などという要求に応えてくれるのだから、ありがたいことです。

| | コメント (0)

2012年7月30日 (月)

合宿風景3

合宿風景3
昼食です。

と言うことですが、どんぶりの中はカラっぽですね(笑)。何を食べたのかな。

しかし、食欲は旺盛のようです。

| | コメント (1)

2012年7月29日 (日)

合宿風景2

合宿風景2
晩飯です!

| | コメント (0)

合宿風景

合宿風景
部屋から見た風景です。10時から午前練習です。

| | コメント (0)

優勝騨

アップしたと思っていたら、忘れてました。

3点目は武藤央朗がペナルティアークのやや後ろから、バーに当ててゴールさせたFKです。


よくスポーツ新聞の見出しに「FK騨」とかあって、なんのこっちゃと思っていたのですが、私のセンスも似たようなものですね。優勝騨(笑)

ブロック優勝です。これで二次予選に進めます。


合宿に行っている間にプログラムの原稿を作って出さなければ。
忙しいけど、嬉しい作業です。

| | コメント (0)

2012年7月25日 (水)

前半2-0

給水のあと井上拳、武藤央朗が立て続けに入れました。

| | コメント (3)

仲間を信じて

仲間を信じて
「つけて出ろ」の幟を何本も掲げて100人が集合すると一揆のようです(笑)
監督の言葉は「笛が鳴るまでやりきれ」「仲間を信じて」

| | コメント (0)

若手

いよいよブロック決勝です。
夏休みに入ってからも比較的涼しい日が続いていましたが、今日はこの時季らしい暑さになりました。風があるので、日陰で見ている分にはいいですけど。

藤沢西会場の第一試合は横浜栄対相洋。栄は港南台と上郷が統合された新しい学校です。

監督は講師で一時、鎌倉高校にいらした竹谷さん。当時は学校の都合で野球部の指導をしてましたが、桐光で活躍したサッカーマン。
3年目だと思いますが、ブロック決勝を争うまで育てて来られたんですね。
指導者が高齢化する中、期待の若手指導者です。

| | コメント (0)

2012年7月23日 (月)

勝ちました2-0

前節大当たりの井上拳が負傷しましたが、明後日は大丈夫でしょう。彼だけでなく、FW陣はそれぞれ取っているので、誰が出てもいいと思います。
次節25日は四回戦。二次予選への進出がかかります。
藤沢西高で11時キックオフ。応援よろしくお願いします。

| | コメント (0)

追加点

21分高橋龍平追加点。アシストは伊藤昂平かな?

| | コメント (0)

先制点

圧倒的に押し込んでいますが、県相はオフサイドトラップとラインを破られたあとも諦めない守りでで対抗。こちらのシュートが枠に行きません。
しかし28分、武藤央朗と佐々木彰吾のパス交換で中央突破。

| | コメント (0)

最後のホーム

一昨日ほどの涼しさはありませんが、酷暑というほどの暑さもないので、この時季としてはまあまあのコンディションでしょう。

開始4分でオフサイド3つもらいました。しかしシュートはなし。県相はカウンターでGKとの1対1とのシーンを作りました。
いつも通りポゼッションは鎌倉高校。カウンターを警戒です。

| | コメント (0)

2012年7月21日 (土)

残り20分を

切ったところで先制点の武藤央朗も交代。後半22分、24分追加点。7-0かな?
0封のまま終了できるかに関心が移ります。

| | コメント (0)

さらに4点目を

決めて井上拳は交代。12分を過ぎて、5-0

| | コメント (0)

ハットトリック

後半4分井上拳大当たりです。
今度は足で決めました。4-0

| | コメント (0)

センタリング

右から入れたのは佐々木彰吾だと思うのですが、井上拳がヘッドで3点目を決めました。

| | コメント (0)

2点目は

23分、右からの武藤央朗のFKを井上拳がヘッドで叩きつけました。

| | コメント (0)

気温20度

選手権の二回戦がこんなに涼しいことも珍しいでしょうね。もちろんサッカーをやるには暑いよりいいです。
グランドの水溜まりは整備の成果もあってか、すっかり消えています。
開始早々の先制点。武藤央朗。幸先よし。

harabin

| | コメント (0)

2012年7月12日 (木)

寄せ書き

続きです。
大滝さんが五輪に選ばれたことで、うしお会(鎌高のOB会です)から、応援旗が贈られます。寄せ書きをサッカー部でしました。
ちょっと集合写真が右に寄っちゃいましたけど。
大滝さんに持って行ってもらうらしいです。
彼女にはきっと当時の仲間からも連絡が行ってるでしょうね。
よかったら、このブログにもみなさんでコメントを寄せていただけるといいんですが。よろしくお願いします。
Yosegaki02 Yosegaki01

| | コメント (0)

もうだめ?まだまだ!

大滝麻未(平成20年卒)がなでしこのサポートメンバーに選ばれたことはご案内の通りです。ちょっと話題としては遅くなってしまいましたが、そのあたりで思ったことを少しばかり。
 監督は彼女がなでしこ合宿に呼ばれる前から、「まだまだだな」と言ってました。3年間、ずっと見てきたし、早稲田の後輩でもあるし、大滝さんをもっともよく知るコーチの一人であろうと思います。「まだまだ」。厳しい言葉ですよね。
 今となってはなるほどと思いますが、当時、新聞などでは「期待の大型FW」、「なでしこの大型新人」とか、リヨンでの活躍やユニバーシアード得点王という実績もあって、なんだかすごい持ち上げようでした。
 しかし、例のスエーデン戦でのデビューでの後は、(私が読んだ新聞では)、「もうだめ」「期待はずれ」と手厳しいこと。得点シーンで後方から入ったボールを右にすばやく展開し(流れるような素早さでした。男子代表を含めて久しぶりに見たきれいなポストプレーだと思いました。身びいきかも知れませんけど)、永里選手の得点につなげていました。
 永里(大儀見)さんがゴールを量産していたので、今回の18人の枠に入るのは難しいとは思いましたが、デビュー戦でのこの働きは、よかったですよねえ?だめでしたか?単なる身びいきでしょうか。
 すくなくとも「もうだめ」って書き方で表現されるようなパフォーマンスではなかったと私は信じています。まあ、もちろん、「もう」というのはロンドンには間に合わないという意味でしょうけどね。
 でも、うちの監督は「まだまだ」と言います。このマダマダ!は「もっと伸びるよ、がんばれよ、麻未」という意味だと思います。真のエースとなって、次のワールドカップ、五輪で活躍して貰いたい。そんな意味かなって思ってますけどね。
 佐々木監督も「もうだめ」ではなく、サポートメンバーとして呼んでくれました。「もうだめ」ではなく「まだまだ、次!」ってことでしょう。男子ですが、香川選手が前のワールドカップ(南アフリカ)で、サポートでしたよね。

| | コメント (0)

2012年7月 7日 (土)

引き分け

勝てたな、というのが印象です。後半は相手の脚も止まっていましたしね。

サイド攻撃もほぼ封じていたので、中央の混戦を抜け出されての失点は残念。

しかし、追いつかれた後も意気沈むことなく頑張った姿はよかったです。

早く1勝が欲しいですね。

| | コメント (0)

K2市が尾戦前半

1-0で折り返しました。前節、座間Bと対戦した市が尾ですが、確か4-1だかで大勝してますね。

後半だけ見ていたのですけど、とにかく両サイドと2列目の飛び出しのよいのが目につきました。

今日もそのスタイルは変わらないようです。
サイドから抉ってセンタリング。これをケアすれば、失点は少なくて済むでしょう。

| | コメント (0)

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »